お知らせ

6 月のミサについて

6 月から主日ミサを再開いたしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止の徹底のため、ミサ分散参列にご協力いただくこととなります。信徒の皆様にはご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ミサの進め方については、今後の状況を見ながら変更することもあります。私たちもいわゆる「新しい信仰生活様式」を作っていく必要があるでしょう。最大限の感染防止と祈りのうちに、この難局を乗り超えていきたいと思います。

なお、教会学校は 6 月もお休みいたします。初聖体のクラスについてはまたご連絡します。

主任司祭 九里彰神父

5 月のミサおよび行事について重要なお知らせ

新型コロナウィルス感染の厳しい状況が依然として続いています。名古屋教区・松浦司教様からの連絡で、事態が改善しているとは考えられないことから、外国語ミサを含むすべての主日のミサは、引き続き 5 月 31 日まで中止いたします。併せて 5 月のロザリオの祈り、宣教司牧評議会定例会議などの活動も中止いたします。6 月以降につきましては、状況を見て、5 月 20 日頃にお伝えいたします。

なお、名古屋教区のホームページから、司教様による主日のミサのライブ配信が 5 月 31 日(聖霊降臨の主日) までおこなわれます。時間は毎週日曜日の午前 10 時からです。

担当司祭変更のお知らせ

5 月 1 日から、カトリック金沢教会の神父様の担当が下記のように変わります。

主任司祭 九里 彰神父様
助任司祭 チプリアノ・ボンタッキョ神父様
協力司祭 ペトロ・ザンケッタ神父様

3 人の神父様は金沢教会、内灘教会に加えて、新たに小松教会の司牧、ミサにも当たられます。現在、新型コロナウィルス感染という困難な状況が続いておりますが、ともに手を携え、祈りのうちに乗り越えてまいりたいと存じます。

東日本大震災救援募金のお願い

主任司祭交代にあたって

 このたび、5 月 1 日より、長い間カトリック金沢教会の主任司祭として文字通り献身的に奉仕されてきたチプリアーノ神父から、私、九里神父が主任司祭としての役割を引き継ぐことになりました。

 とはいえ、私が金沢に来たのは昨年の 5 月 2 日。ようやく 1 年が経過したところです。この 1 年、叙任司祭として教会学校やスカウトの担当司祭をしながら、チプリアーノ神父と交代で毎週 1 回病者訪問をし、土日のミサを担当しておりました。しかし、運営委員会や宣教司牧評議会、かくしゅいいんかい、社会部会などにはまったく出席しておりませんでしたので、教会の実情がよく分かっておりません。

 ご存じかもしれませんが、今までの私は、修道院にいながら、黙想の家での黙想指導や、他の修道会やカルメル在世会の年の黙想指導等に出かけることが多く、教会司牧に関しては不慣れです。というわけですから、大ベテランのチプリアーノ神父の助けを借りながら、また信徒の皆様の惜しみない寛大なご協力をいただきながら、主任司祭としての務めを果たしていきたいと思っております。

 まだまだ信徒の皆様の住所・氏名・年齢・職業が頭に入っておりません。お名前とお顔が一致せず、失礼することがあるかもしれませんが、お赦しいただきますようお願い申し上げます。

 では、よろしくお願いいたします。

パウロ 九里 彰 神父

過去のメッセージはこちら

You can read past messages in here.