お知らせ

新型コロナウィルス対策

6 月から主日のミサ(土、日曜日の計 4 回)が再開されました。新型コロナウィルス感染予防のため、ミサではマスクの着用、手の消毒、検温、聖歌は歌わない、密状態を避けるために聖堂では間隔を広く開けて着席し、座席数を 72 とする、日曜午前 10 時ミサでは信徒会館 2 階大ホールを第 2 会場に充てる、などの対策を取っています。これらの進め方はこのあとも続きます。

そこで、ミサ再開後の参列状況を見てみました。人数が多い順に

となっており、聖堂の座席数 72 に対して日曜午前 10 時ミサに参列が集中しています。

新型コロナウィルス感染予防は「三密」状態の防止が基本と言われています。皆様にはそれぞれご事情があるとは思いますが、感染予防の観点から、人数が少ない夜のミサへの分散参列をご検討していただければ、ありがたく思います。

なお、7 月からは第 3 日曜日のベトナム語ミサ、第 4 日曜日の英語ミサも再開されます。教会学校、初聖体のための勉強は 9 月に再開いたします。

引き続き最大限の感染予防と祈りのうちに、この難局を乗り超えていきたいと思います。

主任司祭 九里彰神父

東日本大震災救援募金のお願い

主の平和

 今年も 8 月 15 日に終戦記念日を迎えます。1941 年 12 月 8 日の真珠湾攻撃から 1945 年のこの日まで、足かけ 5 年間、日本は米英蘭豪や中国と戦い、民間人を合わせれば 300 万人以上の人がこの戦争の犠牲者となりました。対戦国(特に中国)や巻き込まれたアジア諸国の犠牲者の正確な数は、いまだに分かっていません。

 日本のカトリック教会は、すべての犠牲者を悼み、毎年 6 日から 15 日までの 10 日間を「平和旬間」として、戦争のない世界の平和を心を一つにして祈っています。

 ちなみに、私たちはミサの中で、「主の平和」、「主の平和」と平和の挨拶を互いに交わします。日本では頭を下げ、お辞儀するだけですが、外国では握手やハグ(抱擁)が普通です。接触するので、相手の体温がじかに伝わってきます。一概にどちらが良いとは言えませんが、礼儀を重んじる日本式挨拶は、外国の人には物足りなく感じられるかもしれません。

 それにしても、私たちは、どれだけ平和の挨拶の言葉の重みを受け止めているのでしょうか。復活された主は、ユダヤ人を恐れ、家に閉じこもっている弟子たちに、「あなたがたに平和があるように」という言葉を二度繰り返されます。そして彼らに「聖霊を受けなさい」と息を吹きかけられ、罪の赦しを与える使命を託されます(ヨハネ 20・19-23)。それは、言うなれば、まことの平和である「主の平和」を人々にもたらす使命だとは言えないでしょうか。私たちは、この「主の平和」を、個人的にも共同体的にも生きるように招かれているのです。

 実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。…(エフェソ 2・14-15)

パウロ 九里 彰 神父

過去のメッセージはこちら

You can read past messages in here.